読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝の境目

朝も夜も来なければいい

不運か幸運か

この間、別垢のフォロワーさんとこんな話をしました。

 

(フォロワーさん→フ)

私「受精卵からやり直したい〜笑」

フ「だいぶ早いなww」

私「もういっそ、父の精子が受精に失敗すればよかったのに!笑」

フ「もしさ、同じ人の精子でも違う精子が受精してたら別の人が生まれてたってことだよね〜?」

私「そう考えるとら1人の人が生まれるってすごく確率だね、、そんな確率で生まれてきた私ってすごく運悪いな笑」

フ「まぁそれを不運と捉えるか幸運と捉えるかは人それぞれだね〜」

私「あっ、幸運って考え方もあったのか、、」

 

要するに、『1人の人が生まれることはものすごい確率で、その確率に当たって生まれてきたことは不運か幸運か』ということです。

私は即答で不運だと思いました。

だって私、死にたいんですもん。

死にたいけど、自殺して失敗するのはいちばん嫌です。

100%失敗しない方法があるのなら実行するつもりですし。まぁ、探しても探してもそんな方法見つからないんですけどね笑

死にたいけど死ねない、だから、生まれたくなかったなって思うんです。

生まれてなかったら、今生きてなくていいんですもん。

よく自己啓発本とかで「君はきっと誰かに必要とされている人間だ」みたいな感じの言葉ありますよね?だから自殺なんてするなよ、みたいなやつの。

私はあんなのはただの綺麗事だと思うし、もしも誰かに必要とされていたとしても、そんなの関係ありません。必要とされてようがされてまいが私は死にたいんです。

こんなに死にたいのに、生まれてこれて幸運だなんて思えません。

生まれてこれて幸運だって思える人はとても幸せですね。すごく羨ましいです。私も本当はそんなふうに思いたかったなぁ。