読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜と朝の境目

朝も夜も来なければいい

それってほんとう?

 

よく励ましの言葉とかで『明けない夜はない』ってある。

確かに、時間的な夜は必ず明けるけど精神的な夜も必ず明けるの?

あなたは夜が明けたのか?そうだとしてもあなたの運が良かっただけじゃないの?私の夜も明けるって断言できるの?

もし仮に、本当に明けない夜はないとしても、自分の寿命が終わる前に夜が明ける可能性はあるの?

明ける前に死ぬかもしれないじゃん。

ただ待ってるだけで夜は明けますか?

何か行動しないと明けないの?

でも、そのために行動する気力を私は出せないよ?

そんな私でもちゃんと明けるの?死ぬ前に?

結局さ、これも綺麗事でしょ?

そんなの要らないよ。

そんなくだらないこと言わなくていいから黙ってろ。

そんな綺麗事はちっとも励ましにならない。

それどころか、こんな余計なこと考えて疲れたよ。

「そっか!いつか夜は明けるんだね!それじゃあ頑張ろう!」なんて思えない。

そんなポジティブ思考が出来てたら、きっと高校だって通えてたよ。

どう頑張っても悲観的に考えてしまうの。

死にたいって思ってしまうの。

いつもポジティブ思考で生きていられるあなたには分かんないだろうから黙ってて。

あなたの善意に追い込まれるから。

人の善意も受け止める余裕のない自分が本当に嫌になるよ。